バカボンのパパよりバカなパパ 1話 動画をフルで視聴

ドラマ「バカボンのパパよりバカなパパ」第1話のフル動画を視聴できるるのか?徹底調査してみました。pandoraやデイリーモーション、9tsuなどの違法サイトの無料動画視聴は逮捕やウィルス感染、詐欺請求など危険がいっぱい!正規配信の安心安全で高画質動画を視聴する方法とは?

『バカボンのパパよりバカなパパ』第1話 「わしは天才なのだ」

放送日:2018年6月30日

バカボンのパパよりバカなパパ 第1話 あらすじ

天才ギャグ漫画家・赤塚不二夫(玉山鉄二) は、アシスタントや編集者と遊ぶように漫画を描き、奥 さんである登茂子(長谷川京子)、娘・りえ子(住田萌乃) と別れ、夜は飲み屋でバカ騒ぎするとい う破天荒な日々を送っていた。時は流れて、成長したりえ子(森川 葵) は不二夫に再会する。そして、 登茂子とりえ子は、大きな愛情で不二夫を包む眞知子(比嘉愛未) を気に入る。二人は、眞知子 と不二夫を結婚させようとある作戦を立てるが…。

出典:NHK公式サイト

バカボンのパパよりバカなパパ 第1話 感想

感想

まず面白かったのが若き赤塚不二夫が裸で仲間たちとビービー弾で遊んでいるシーン。

漫画家に限らず芸術家ってよく変わり者が多いいと言いますが、いいい大人があれだけ娘の前ではしゃいでいることに楽しく明るい家族なんだなと思いました。

一方で赤塚先生のサインをねだりに来た娘の友人が引いてしまった感じが娘がバカボンのパパにも負けないくらい父親のバカっぽさに振り回されたりこれからの苦労を匂わせてくれました。

只そんな父でもひみつのアッコちゃんの直筆色紙をこっそり娘のりえ子にだけプレンゼントというシーンが漫画家ならではのサプライズが羨ましくもあり父と娘は実は中が良いんだなとほっこりもさせてくれました。

そして横井さんが赤塚メンバーが書いた原稿を無くしてしまったシーン。

この時の赤塚さんの言葉がまた印象的でした。

「バカになれ!?」

意気消沈の横井が開き直ったかのようにスナックの美味しそうなオムライスを食べお酒を飲み寝込んでいるときのこと。

隙きを見計らったかのように赤塚メンバーはネームを取り寄せ、徹夜でまた原稿を終わらせておくなんていう処が赤塚さんのバカになれの言葉も含め懐の大きさというかかっこつけ過ぎやろ!?というくらい本当に格好良い方だなと思いました。

仲間の誰一人一言も文句言わず徹夜に付き合うなんて赤塚チームとしても絆が深く素晴らしいと感じたシーンでもありました。

そして不二夫が登茂子と本当に離婚したシーンは不二夫は本当の馬鹿だったのかと焦りましたが、結局それも相手の幸せを強く願ってのことで、それもお互い思いやっていたなんていう感じが連れ添っていくだけが愛ではなのだと私自身も家族というものを考えさせられました。

そして娘のりえ子が遊園地で父を責めたシーン。

「何で子供の頃遊園地に連れて行ってくれなかったの!?」

でも、父が漫画に本音を綴っているかのように

「本当は私も娘が子供の時に遊園地に行きたかった」

というページが売れてる漫画家の辛さも感じたし、全然バカじゃないじゃん!?と父赤塚不二夫の優しさに触れ感動もしました。

感想

一言で言ってとても面白かったです。

主役の玉山鉄二さんは、普通にしていたら芸能界屈指のイケメンだと思うのですが、見事に、ハチャメチャな言動を取りながらも喜怒哀楽と娘さん、家族に対する愛情溢れるバカボンパパの雰囲気を出していました。

また、奥さん役の長谷川京子さんも、浮気ばかりする旦那に怒りを覚えつつも、赤塚さんの新しいパートナー・眞知子さんとともに赤塚さんを支えていく、という家族の枠を超えた愛情たっぷりの女性を素敵に演じていたと思います。

昭和を代表するギャグ漫画作家の巨匠、赤塚不二夫さんの半生を娘さんの視点で描いた作品です。

赤塚さんが一世を風靡していた1970年代、漫画家と言えば、手塚治虫さんのようにベレー帽をかぶってインテリの雰囲気が漂っていましたが、赤塚さんは、素っ裸で職場の皆と銀玉鉄砲の打ち合いをして、夜になれば女装をしてクラブでカラオケを歌いまくり、お店の女性を口説きまくる、という破天荒な生活を送っていました。

そのため、家庭内は滅茶苦茶になり、奥さんから離婚を切り出されて、結局離婚することになります。

ただ離婚しても、奥さんの登茂子さん、娘さんだけで無く、奥さんの新しい伴侶とも仲良くなってしまい、なんとも和やかな家族になっていました。

漫画のファンだけで無く本当に周りの人たちに愛されていた赤塚さんが描かれていました。

なお、ドラマの中で「馬鹿は一日してならず」と言っていましたが、何事も一流になることは大変、という事ですね。

感想

大人たちがファンキーでした。

ママの登茂子もフジオ・プロの面々も。

全体的を通して、りえ子と赤塚のやりとりがすごくおもしろい、というより可愛かったです。

2人とも意地っ張りだなぁ、って思いながら、よくある親子の風景が出てたと思います。

進路の相談の時は久々の再会のせいか部屋に入って来る時からの赤塚の十分過ぎるパパ感がウケました。

でもアドバイスの「その道の一流になれ」はさすが一流だな、とも感じ感心しようとした瞬間に「裸、ヌード」とりえ子にとっては、というより親としてはどうか、と今の私でも感じましたが、そのあとの眞知子の「普段そんなこと言わない」のフォローに緊張からきたペラペラ感なんだなとそんな父親の気持ちも分かる気もしましたが。

眞知子、キータンを含めたあの家族関係はびっくりです。

フィクションのドラマにはありがちですが、ノンフィクションに近い物語なのでそこを大げさには描かれてないと思ったのですが登茂子のあっけらかんとしたあの性格が繋いでるように思いました。

眞知子ももちろん物分かりのいいキャラですが登茂子の付き合いが生み出した関係でりえ子だけなら絶対にあり得なかった関係だったろうな、と。

その後の家でのりえ子が赤塚に嫌味を言ったやりとりに欲を言えばもう一言りえ子のガツンとした返しが欲しかったな、と感じましたが、あそこで終わるから次のシーンにいけるのかな?とも思いつつ見てしまった場面でした。

登茂子が赤塚を上から見下ろす関係って離婚しても変わってないんですね。

今りえ子たちが一緒に暮らしているキータンがすごく2人をわかってくれて支えてくれる人だと思います。いいパパになってくれそう。

あとりえ子役の森川葵さんが可愛いです。キラキラした目がすごく良かったです。

赤塚の自分の思いをマンガにして整理している感じはいいシーンでした。

天才だけど不器用な一面ですよね。

登茂子、赤塚が離婚時にお互いを思い合う気持ちもいいシーンでした。

幾度となく赤塚不二夫さんのことはテレビでプライベートな部分も映されていて見たこともありますが、あの結婚会見の4ショットは赤塚さん本人の映像を見てみたい!と思ってしまいました。

ドラマ「バカボンのパパよりバカなパパ」第1話のフル動画を視聴できる?

ドラマ「バカボンのパパよりバカなパパ」第1話のフル動画を視聴できるかどうか徹底調査しました。
なお当サイトでは、pandoraやデイリーモーション、9tsuなどの違法サイトは、推奨致しません

注意 違法サイトでの動画視聴は、ウィルス感染逮捕詐欺請求などの危険性があります

安心安全で高画質の正規配信配信動画を視聴する方法とは?

⇒ 詳しくはコチラ