dele ディーリー 2話 動画見逃し無料視聴

ドラマ「dele ディーリー」第2話のフル動画を無料で見逃し視聴できるるのか?徹底調査してみました。pandoraやデイリーモーション、9tsuなどの違法サイトの無料動画視聴は逮捕やウィルス感染、詐欺請求など危険がいっぱい!正規配信の安心安全で高画質動画を視聴する方法とは?

dele(ディーリー)

『dele ディーリー』第2話

放送日:2018年8月3日

dele ディーリー 第2話 あらすじ

自分のスマホが48時間操作されなかったら、スマホのデータを全削除してほしい――。プログラマー・坂上圭司(山田孝之)が営む「dele. LIFE」にそう依頼していた宮内詩織(コムアイ)のスマホが、操作されなくなったとの信号が送られてきた。死亡確認に向かった圭司の相棒・真柴祐太郎(菅田将暉)は、自室でペンを握ったまま死んでいる詩織を発見。さらに「エンディングノート」と書かれた1枚の紙を見つける。そこには「お葬式はしないでください」など、プリントアウトされた希望リストとともに、「dele. LIFE」宛に手書きで「やっぱりデータは消さないでください」との一文が記されていた!

何らかの理由で死にそうになった詩織が、慌ててこの一文を書き足したのだとしたら、なぜ彼女は死ぬ直前になって削除依頼を撤回しようとしたのか…。圭司と祐太郎は謎多き本心を探らざるを得なくなる。やがて祐太郎は友人のふりをし、詩織の両親と接触。葬式にほかの友達も連れてきてほしいと頼まれ、詩織の友人を探し始めた祐太郎は巡り巡って、春田沙也加(石橋静河)が働くガールズバーへとたどり着く。だが、詩織の名を聞いた沙也加は、怪訝な顔で彼女のことはよく知らないと告げ…!?

やがて想定外の事実が次々と発覚。そんな中、祐太郎の一言が響いた圭司は、詩織が削除依頼を取り消したデータの中身を確かめようと決意をする――。

出典:テレビ朝日公式サイト

dele ディーリー 第2話 感想

感想

突然死した依頼人が、今わの際に「やっぱりデータを削除しないでほしい」とダイイングメッセージを遺していった今回の一件。

依頼人——宮内詩織という女性は自分でエンディングノートを書き、生前葬まで執り行っていたのですが、最後の最後で「やっぱり消さないで」という謎の変心。

このメッセージにどのような意味があるのかを調査していく真柴と坂上だったのですが、最終的な着地点がとても悲しかったですね。

「自分を認めなかった父親に対するあてつけ——復讐だろう」というのが……。

詩織は父に捨てられた後、音楽の道も人間関係も自力で切り開いて頑張っていました。

そして坂上のような熱烈なファンを持つ音楽を生み出し、また多くの友人にも恵まれていたわけです。

ところが、それによって心に余裕が出来て「父親を許してやろう」となった……のではなかったようでして。

「あの大嫌いな父に見せつけてやろう。そのために生前葬の撮影データなどを残してやろう」となってしまうという。

まあ、全ては坂上の推測なので本当のところは分からないんですけどね。

ただ、そうした復讐心でもなければ、友人達も巻き込みながらあれだけ綺麗に準備していたものを土壇場でひっくり返したりはしないんじゃないかとも思いました。

人生の最期に心をよぎったのが父親への恨みと、その復讐計画だったというのは悲しすぎますが。

それを手伝わされた坂上も気の毒ですね。

第1話と違って殺人事件ではなかった今回の一件ですが、なんとも気が重たくなるお話でした。

ドラマ「dele ディーリー」第2話のフル動画を無料視聴できる?

ドラマ「dele ディーリー」第2話のフル動画を無料で見逃し視聴できるかどうか徹底調査しました。
なお当サイトでは、pandoraやデイリーモーション、9tsuなどの違法サイトは、推奨致しません

注意 違法サイトでの動画視聴はウィルス感染逮捕詐欺請求などの危険性があります

安心安全で高画質の正規配信配信動画を視聴する方法とは?