刑事7人 第4シリーズ 4話 動画見逃し無料視聴

ドラマ「刑事7人 第4シリーズ」第4話のフル動画を無料で見逃し視聴できるるのか?徹底調査してみました。pandoraやデイリーモーション、9tsuなどの違法サイトの無料動画視聴は逮捕やウィルス感染、詐欺請求など危険がいっぱい!正規配信の安心安全で高画質動画を視聴する方法とは?

刑事7人

『刑事7人 第4シリーズ』第4話

放送日:2018年8月1日

刑事7人 第4シリーズ 第4話 あらすじ

天樹(東山紀之)は、殺人の被害者・真由(逢沢りな)が23年前の事件の生き残りだと気付く。23年前、真由の両親が何者かに殺されたが、当時5歳の真由は幼稚園の友人の家に泊まっていて難を逃れたのだ。事件は未解決のまま時効を迎えていた。天樹は、事件後から真由を見守り続けてきた元警官の大森(大谷亮介)に話を聞く。大森は、23年前の事件の犯人として、真由を泊めた友人の母親・恵子(大家由祐子)を疑っていた。

出典:Yahoo!テレビ

刑事7人 第4シリーズ 第4話 感想

感想

23年前に両親が刺殺され一人生き残った井上真由が、帰宅途中の公園で刺殺体で発見されます。

現場に向かった青山と水田は、真由の手に残る毛髪から犯人のものではないかと疑います。

天樹は、真由の刺殺事件が23年前の事件と何からの関連があるのではないかと疑い、過去の事件から捜査を始めます。

青山と水田、天樹と野々村の二つの視点からの捜査が、共通の犯人を突き止めていきます。

天樹が過去の事件調書の内容が記憶されていることから、元警官から話を聞いていて、事件関係者の名前に即座に反応できることがこの事件の解決につながっていると思います。

今回の事件でも、元警官から話を聞きながら、事件に関する情報と相手の人間性の判断は別物として冷静な判断がなされていることが驚きでした。

普通なら、元警官の証言を鵜呑みにしそうですが、相手に悟られないように真意を隠して接することができる天樹の刑事としてのポーカーフェイスには渋さを感じます。

元警官が天樹たちの追求で事件の真相の謎解きをしていくうちに、追い込まれて表情がみるみるうちに変わり、そのうえ、急に監禁した女性の状態を確認しようと走り出した際には、すでに表情には大慌てで、自分が犯人であることがわかる表情に変わっていたことには滑稽さすら感じました。

殺人事件の発生が時効撤廃のタイミングと微妙に関係した今回の事件のように、数多くの未解決事件が存在するのではないかと連想させるものがありました。

ドラマ「刑事7人 第4シリーズ」第4話のフル動画を無料視聴できる?

ドラマ「刑事7人 第4シリーズ」第4話のフル動画を無料で見逃し視聴できるかどうか徹底調査しました。
なお当サイトでは、pandoraやデイリーモーション、9tsuなどの違法サイトは、推奨致しません

注意 違法サイトでの動画視聴はウィルス感染逮捕詐欺請求などの危険性があります

安心安全で高画質の正規配信配信動画を視聴する方法とは?