この世界の片隅に 1話 動画をフルで無料視聴

ドラマ「この世界の片隅に」第1話のフル動画を無料視聴できるるのか?徹底調査してみました。pandoraやデイリーモーション、9tsuなどの違法サイトの無料動画視聴は逮捕やウィルス感染、詐欺請求など危険がいっぱい!正規配信の安心安全で高画質動画を視聴する方法とは?

『この世界の片隅に』第1話

放送日:2018年7月15日

この世界の片隅に 第1話 あらすじ

昭和9年のある日、広島県広島市江波に住む少女・浦野すず(幼少期:新井美羽、大人時代:松本穂香)はお使いに出た帰り道、川原で絵を描いていたところを人攫いに捕まってしまう。しかし、先に捕まっていた少年・周作(幼少期:浅川大治、大人時代:松坂桃李)の機転で逃げ出すことに成功する。無事自宅に帰りついたすずだが、今日の出来事が夢のように思えて…。

時は経ち昭和18年秋。妹のすみ(久保田紗友)とともに祖母・森田イト(宮本信子)の家で手伝いをしていたすず(松本穂香)のもとに叔母が駆け込んできた。江波の自宅にすずを嫁に欲しいという人が来ていると連絡があったのだ。事情がよくわからないまま自宅へと急ぐ道すがら、すずは海軍兵学校へ進んだ幼なじみ・水原哲(村上虹郎)と出会う。てっきり哲が相手の人だと思っていたすずはさらに混乱する。

その頃、浦野家では北條周作(松坂桃李)とその父・円太郎(田口トモロヲ)がすずの帰宅を待っていた。すずの父・浦野十郎(ドロンズ石本)と母・キセノ(仙道敦子)は突然の来客に恐縮しながら会話をつなぐ。周作は以前にすずを見初めたというが、こっそり家の様子を覗いたすずには見覚えが全くなく…。

出典:TBS公式サイト

この世界の片隅に 第1話 感想

感想

原作のマンガを読み、映画も観ていたのでドラマ化される、しかもオリジナルにはない現代パートも新たに追加されると聞いていたため少し見るのを躊躇していましたが、見てよかったです。

すずさんのやわらかい雰囲気は映画版ののんさんがぴったりでしたが、松本穂香さんも可愛らしくて近いと思いました。

個人的なことになりますが、私も広島出身なのでみなさんの広島弁はどうかな?と思っていましたが、みなさんお上手でした。

すずさんの子役の女の子がNHKの朝ドラ「わろてんか」の女の子で、後に結婚するのが松坂桃李さんだったので、朝ドラと同じ配役でニヤリとしました。

物語の先を知っているからこそ、戦争前の何気ない日常が優しく描かれているところが切なくなります。

すずさんが呉に嫁ぐシーン、そして初夜のシーンはドキドキしてよかったです。現代パートはまだ全貌が明らかになっていないのでなんとも言えませんが、オリジナルとまったく同じではないところに興味があり、どんな意味を持ってくるのだろう?とワクワクしています。

せっかく、昔の部分がオリジナルに近くいいドラマになっていると思うので、現代パートはどうしてもハードルが上がっていると思います。

嫁ぎ先ですずさんに嫉妬していた隣の家の女の人の役の人がNHK朝ドラ「ひよっこ」でとても存在感があり好きになったので、どんな絡み方をしてくれるのか楽しみです。

来週からは、遊女役に二階堂ふみさんも出るみたいなので、これもとても楽しみです。

毎回見るドラマに決定しました。

ドラマ「この世界の片隅に」第1話のフル動画を無料視聴できる?

ドラマ「この世界の片隅に」第1話のフル動画を無料視聴できるかどうか徹底調査しました。
なお当サイトでは、pandoraやデイリーモーション、9tsuなどの違法サイトは、推奨致しません

注意 違法サイトでの動画視聴はウィルス感染逮捕詐欺請求などの危険性があります

安心安全で高画質の正規配信配信動画を視聴する方法とは?

⇒ 詳しくはコチラ