そして父になる 映画フル動画を無料で視聴する方法

映画「そして父になる」のフル動画は無料視聴できる?違法サイトの無料動画視聴は逮捕やウィルス感染、詐欺請求などの危険性がいっぱい!安心安全で高画質の正規配信動画を無料視聴したいよね。pandoraやdailymotion、9tsuなどの違法ダウンロードではなく、正規配信の高画質動画を無料で視聴する方法とは?

そして父になる

映画「そして父になる」のフル動画を視聴できる動画配信サイトを調べて見ました。

違法動画ではなく正規配信の高画質動画サイトのみをご紹介しています。

TSUTAYAディスカス400円
FODプレミアム400円
auビデオパス400円
U-NEXT432円
ビデオマーケット324円
dTV300円

※ 本ページの情報は2018年6月時点のものです。最新の配信状況は各サイトにてご確認ください。

まず、分かることは映画「そして父になる」を無料で配信しているサイトは無いということ。

サイトごとに料金が違いますが、レンタル視聴料金は300円〜432円であることが分かります。

さて、ここでポイントとなるのは初回登録時にボーナスポイントがもらえるサイトがあるということです。

ボーナスポイントがもらえるのは以下の3つのサイトです。

ボーナスポイントがもらえるサイト

さらにどのサービスも登録してから約1ヶ月のあいだ無料で利用できるのです。

つまりTSUTAYAディスカスU-NEXTなら、無料期間中に初回登録時のボーナスポイントを使用すれば

point 映画「そして父になる」のフル動画を合法的に無料で視聴できる

というわけです!

また、auビデオパスも無料期間中に初回登録時のボーナスポイントを使用すれば

point 映画「そして父になる」のフル動画をお得に視聴できる

というわけです!


TSUTAYAディスカス

無料期間:30日
初回登録時に1080ポイントもらえます。
無料期間終了後:月額933円 or 月額2,417円
動画数:85,000本以上
TSUTAYAのほぼ全ての動画

>> 公式サイトはこちら <<

FODプレミアム

初回1ヶ月無料
月額888円
動画数:1,000本以上

>> 公式サイトはこちら <<

au ビデオパス

無料期間:30日
初回登録時に540コインもらえます。
無料期間終了後:月額562円
動画数:10,000本
au IDをお持ちなら断然オトク

>> 公式サイトはこちら <<

U-NEXT

無料期間:31日
初回登録時に600ポイントもらえます。
無料期間終了後:月額1,990円
毎月1,000円分のポイントがもらえます
動画数:120,000本以上
※家族でアカウントシェア可能(4人まで)

>> 公式サイトはこちら <<

Hulu

無料期間:2週間
無料期間終了後:月額933円
動画数:50,000本

>> 公式サイトはこちら <<

ビデオマーケット

初月無料
無料期間終了後:月額500円 or 980円
毎月540ポイントがもらえます
動画数:160,000本以上

>> 公式サイトはこちら <<

dTV

無料期間:31日
無料期間終了後:月額500円
動画数:120,000本以上
なんといっても料金の安さが特徴!

>> 公式サイトはこちら <<

そして父になる 映画 動画 無料 視聴

Youtubeでは映画「そして父になる」の予告動画が無料で視聴できますのでチェックしましょう!

映画『そして父になる』予告編


(シネマトゥデイ)

そして父になる キャスト

監督:是枝裕和
脚本:是枝裕和
撮影:瀧本幹也
編集:是枝裕和
配給:ギャガ

配役:

野々宮良多:福山雅治
野々宮みどり:尾野真千子
斎木ゆかり:真木よう子
斎木雄大(ゆかりの夫):リリー・フランキー
野々宮慶多(良多の息子):二宮慶多
斎木琉晴(雄大の息子):黄升炫
宮崎祥子(元看護師):中村ゆり
野々宮大輔(良多の兄):高橋和也
鈴本悟(弁護士、良多の友人):田中哲司
山辺真一(良多の異動先の研究員):井浦新
宮崎祥子の夫:ピエール瀧
病院の職員:小倉一郎
良多が勤務する会社の社員:吉田羊
織間忠治(病院側の弁護士):大河内浩
野々宮のぶ子(良多の義母):風吹ジュン
上山一至(良多の上司):國村隼
石関里子(みどりの母):樹木希林
野々宮良輔(良多の父):夏八木勲
斎木美結(雄大の長女):滝沢美結
斎木大和(雄大の二男):押場大和

そして父になる 映画 感想

感想

もしかすると身近なこと なんじゃ ないかと、胸に矢が刺さったような、ズキっと痛む、刺激的な映画でした。

ある程度大きくなって血縁と知らされた我が子と、血縁でないことを知らずに手塩にかけて育ててきた我が子、現実に育ててきた我が子が可愛いことは、容易に想像できます。

いくら血縁だからといって はい どうぞ と渡されたとしても、その子も、他人の生活が染み込んでいる。

目の前にいる我が子が、血縁でないと知らされても、渡したくないです。

現実に、自分の子を見ていてそう思います。

このように この映画は、自分に置き換えて胸痛むというふうに、映画の世界に吸い込まれ、のめり込ませてしまう作品です。

この映画を観たあとは、これは映画だ、作品だ、となかなか思えず、一定期間、この世界を泳がされてしまうような感覚に とらわれます。

是枝監督が、観衆に魔法をかけてしまうのです。

すごい、の一言です。

我が子は大丈夫だろうか、と不安から解けていない この感情を、どこに向けたら いいことやら 。感想

感想

一緒に行った知人と鑑賞後に意見を言い合い、出口が見つからずに議論がヒートアップ、大論争になったのを鮮明に覚えています。

正解なんてないし、他人が簡単に見つけられるものではないですね。

自分の中には一応「これかな?」と思う正解というか「自分ならこうする」という方法は定まっているんですが、それはあくまで当人ではないからなんだろうな…というのもわかりきっているわけで…。

淡々と、ただ事実として「取り違え」当事者の家族の葛藤を捉えたような作品で、どうしたって印象に残ります。

観客の感情移入をしっかりカットするような、ある種機械的な撮り方は、こういうテーマの作品ではとても重要だと思えました。

「なんとなくかわいそう」程度の感情で、簡単にスタンスが変わってしまうと気付いた時、自分が薄っぺらだと心底思いました。

映画のラストでは一応「それなりにいい」感じに纏まっており、そこを「なんだやっぱりご都合主義かよ」と思うか「この時点ではそうなだけだな」と捉えるか…

そんな所にも観る側の心理状態が反映されているような、そんな色々を考えてしまい、友人に「面倒臭い人だなぁ」と突っ込まれたのはご愛敬です。

親になってから観たら、またこれとは異次元の「感想の変化」を感じるのかも知れません。感想

そして父になるの映画動画をフル無料で視聴できるか?

もう一度、映画「そして父になる」の動画が配信されているサイトをまとめておきます。

映画「そして父になる」の動画を見るなら、

TSUTAYAディスカスauビデオパスU-NEXTがおすすめです。

※ 本ページの情報は2018年6月時点のものです。最新の配信状況は各サイトにてご確認ください。