絶対零度 シーズン3 1話 動画をフルで無料視聴

ドラマ「絶対零度 未然犯罪潜入捜査」第1話のフル動画を無料視聴できるるのか?徹底調査してみました。pandoraやデイリーモーション、9tsuなどの違法サイトの無料動画視聴は逮捕やウィルス感染、詐欺請求など危険がいっぱい!正規配信の安心安全で高画質動画を視聴する方法とは?

『絶対零度 未然犯罪潜入捜査』第1話「未来の凶悪犯罪を止めろ」

放送日:2018年7月9日

絶対零度 未然犯罪潜入捜査 第1話 あらすじ

公安外事第二課のエリート刑事だった井沢範人(沢村一樹)は、ある事件がきっかけで総務部資料課分室への異動を命じられる。

資料課分室のメンバーは、痴漢容疑者への必要以上の暴行で異動させられた小田切唯(本田翼)、入庁以来ずっと資料課にいる人づき合いが苦手な南彦太郎(柄本時生)、さまざまな部署をたらい回しにされてきた田村薫(平田満)という、警察内のトラブルメーカーばかり。だが、実はこの資料課分室には、刑事企画課特別捜査官・東堂定春(伊藤淳史)が中心となって秘密裏に進められてきたある重要プロジェクトが託されていた。それは、日本国民のあらゆる個人情報――通信記録や金融機関の出入金記録、監視カメラの映像といったビッグデータを解析し、過去15年分の犯罪記録と照らし合わせることによって、AIがこれから起こる重大犯罪、主に殺人を犯す可能性が高い危険人物を割り出す未然犯罪捜査システム、通称『ミハン』システムの実用化プロジェクトだった。

一方、特殊捜査班のメンバーだった山内徹(横山裕)は、バディを組んでいた桜木泉(上戸彩)の失踪事件がきっかけでチームが解散になった後も独自に彼女の行方を追い続けていた。だが、やがて捜査は行き詰まり、その無力感と警察組織への不信感から上司を殴ってしまい、資料課分室への異動を命じられる。

ミハンシステムが割り出すのは殺人を犯す危険性のある人物。しかし、いつ、どこで、誰を、なぜ殺すのかはわからない。山内は、冤罪を生み出す可能性もあるミハンシステムに対して疑念を抱いていた。「公にはできない捜査で、あなたたちの身に何かが起きても警察は助けてくれない。切り捨てられて終わりだ」。山内は、そう井沢に告げる。

そんな中、ミハンシステムがテストケースNo.5の危険人物を割り出し……。

出典:フジテレビ公式サイト

絶対零度 未然犯罪潜入捜査 第1話 感想

感想

いきなり主人公の井沢範人が犯人を射殺しそうになる場面から始まった、新月9ドラマ「絶対零度〜未然犯罪潜入捜査〜」。

井沢はその後に服役していたようですから、あの時ホントに犯人を撃ってしまったのかも?

それとも東堂定春の計らいで外に出られたくらいですから、ギリギリで一線は越えていなかった?

そこがずっと気になっていたので、井沢がミハン捜査のクライマックスで犯人に問うた「君はどこで一線を越えてしまったんだろうね?」もとても印象に残りました。

ミハンシステムを使いこなせれば、それは未来の犯罪被害者だけでなく、そういう一線を越えるか超えないかのギリギリにいる人間をも救えるかもしれませんからね。

そういう意味でボーラーライン上にいそうな井沢がそのミハンの現場捜査のリーダーをやっているというのは面白いです。

井沢本人にとっても良い影響を与えるような気がします。

今はまだ危うい感じも残っていますけど。

また、東堂にはそれとは別の危うさも感じました。

ミハンシステムの的中率が90%という微妙な数字なんですよね。

なのでミハン捜査を正式化するために、残り10%のハズレも強引にアタリへと変えてしまう冤罪事件のようなものを作りはしないかと心配です。

現時点で既にバリバリ違法捜査をしていますしね。

まあミハンシステムが世の中の役に立つというのは理解できますが、その導入のためならば手段を選ばない辺りはどうなのかと。

今後は正義感の塊のような男・山内徹とどんどん対立していくのではないでしょうか。

最終的にこの捜査チームがどんな風になっていくのか想像もつきません。

ドラマ「絶対零度 未然犯罪潜入捜査」第1話のフル動画を無料視聴できる?

ドラマ「絶対零度 未然犯罪潜入捜査」第1話のフル動画を無料視聴できるかどうか徹底調査しました。
なお当サイトでは、pandoraやデイリーモーション、9tsuなどの違法サイトは、推奨致しません

注意 違法サイトでの動画視聴は、ウィルス感染逮捕詐欺請求などの危険性があります

安心安全で高画質の正規配信配信動画を視聴する方法とは?

⇒ 詳しくはコチラ